おとといホームセンターで、かなりエロいことをしてきたんです。
出会い系アプリ

掃除用具売り場って、ほとんど人がいませんよね。

それでモップを手に取り、説明書きを読むふりをしてオナニーをしてしまいました。

短いモップの柄をノーパンの前開きのタイトスカートの中にいれ、

腰を前後上下にグラインドさせると、マン汁が内股をツーと流れてきたのが分かりました。

すると足音が近づいてきたので、仕方なしに腰を止め、足音のする方を見ました。

学生服のイケメンが私の後ろを通り抜けていきました。モップのことは当然気づきません。

あの子を誘惑しちゃおうかなあ、と思ったら、私のはしたないオマンコは、

さっきのオナニーで濡れていたせいか直ぐにビチョビチョになりました。

今度は低い台の角に、スカートの上からオマンコを擦りつけオナニーをしましたが、数回擦っているとハッとしました。

さっきの高校生を探さねばと思い、高校生が通り抜けた方へいってみました。

すると、その先の100均で見つけました。チャンスと思い、高校生が見ている文具の棚の裏側へ回りました。

棚は幅の広い網のようなものでできていたので、棚を挟んで向かい合っているのが見えました。

私は、タイトスカートを少しズリ上げ、膝を開くようにかがみ込みました。

高校生の方から見ると、マン毛とマンビラが直接見えるはずです。私は膝をさらに広げ、高校生に見せつけました。

すると、その子もしゃがみ込みこちらを見ているではありませんか。

私は彼の目の前でオマンコを見せつけてオナニーを始めました。

当然その子のズボンの前はパンパンに脹れ、ザーメンの準備OKに見えました。

そろそろという時、その場を離れながら後ろを振り返ると、その子が棚を回り込み、

私がさっきまでオマンコオナニーしていたあたりでマン汁の匂いを嗅ぎながら手で擦っていました。

「また見せてあげるネ」と言ったら、その子は、私にお辞儀をして店の外へ消えていきました。

私は、今度彼を見つけたらどうやって誘惑してザーメンを搾り取ろうかと、

はしたないオマンコを車内で触りながら考え、家路につきました。

そんなことがありましたから、私の中のザーメン欲しい熱も今が最高潮なんです!さすがに高校生とやるのは犯罪ですから。

正直言って私、あなたのことは全然存じ上げません。

こんなこと言ったら失礼かもしれませんけど、本当に今すぐ誰のでもいいからザーメンが欲しいだけなんです!

若い娘のようにいざとなってああだこうだと駄々をこねたり、注文をつけたりもしません。

ただエロいことをして気持ちよくなりたいだけなら、私が一番ですよ。

犯罪にならない範囲で究極の快楽を追求してみませんか。

もうこんな時間だけど、会わない?今すごくザーメン欲しいの。

彼女の投稿ブログを見る

|